Indian® Motorcycle に受け継がれる最高のバイク:Indian® Chief®

1922年、Indian Motorcycle® は最初の1,000ccモーターサイクルChief® を発売、1923年には、後継機となる1,200ccのビッグChief® を発売。1,200cc(74立法インチ)エンジンが標準となった-以前発売した600ccスカウトと前述の1,000ccのChiefよりもよく売れ-もはや「ビッグ」という言葉は必要なくなり、「Chief」はツーリングとIndian Motorcycle® の主力高級製品ラインから姿を消した。後に続く有名なIndian® Four は、重量と店頭価格の面から、Chief® はより実用的で人気のある大型モーターサイクルの車種の一つとして残った。

大恐慌の際、Indian® は売上減少に直面し、顧客の関心を維持するためにマイナーチェンジやカスタマイズパーツの改善へと転向。Indian®は、既に1920年代後半には、より優美なガスタンクとスタイリッシュなフェンダーを実現。1932年には、「現代」のモーターサイクルの外観を予見するかのような、フレームを隠すフェンダースカートとサドルタンクを発表した。また同様に、長く優美なチェーンガードも採用。

1934年には、Indian Motorcycle® は、合理的な自動車様式のモデルラインに対応した。この年、それまでの薄手のフェンダーに、より強いサイドパネルが装着され、ほとんどの車種でツートンカラーのペイントが可能になった。

coup de grace は1940年、Chief® が特徴的なフルスカートフェンダーと美しいフォルムのタンクで登場した。エンジンも、それらを補うために完全特注。これはアメリカのモーターサイクル業界で初めてのことだった。優美で人目を引く、大胆なパッケージのフォルムはこれまで見てきたシリアル生産のモーターサイクルを超えていた。

第二次世界大戦後の1950年、Indian Motorcycle® は新しいオーナーに買収された。Chief® は1,300ccの大型エンジン、テレスコピック式フロントフォーク、より多くのクロム合金加工を採用し、その他の仕様も改善して再発売された。シートメタルは1953年に少しモデルチェンジされたが、これはChief® - そしてIndian Motorcycle® の元祖の工場であるマサチューセッツ州スプリングフィールドにある工場での生産最後の年だった。

Indian® Chief®:それは、創業から1世紀近く経った現在も、デザイナー、設計者、そして企業家の想像力を掻き立てている名前である。